22番平等寺〜23番薬王寺

さて徳島県「発心の道場」最後のお寺
23番札所薬王寺へ

ここは特に道に迷うこともなく県道55号線を
ひたすら南下する。距離にして20km。

電車ならJR牟岐線 新野駅〜日和佐駅下車5分
新野駅は平等寺から東へ30分くらい

厄除けの寺と呼ばれるだけあって
門前の「厄除橋」を通って、33段の「女厄坂」
42段の「男厄坂」と二つの石段を登ったら本堂です。

ちなみに、ここからちょっと東の大浜海岸は
海がめの産卵地として知られています。

宿坊あり、Pあり
タグ:遍路

21番太龍寺〜22番平等寺

歩きなら太龍寺から出て山を下りながら
県道28号線に出て、そこから更に南下
下りながらといっても上りもあるので
平等寺までは4時間ほどかかる

車なら道の駅鷲の里から国道195号線を東へ行き
10kmほど走って県道284号線に入り道なりに進む

このお寺にも井戸がある
やはり弘法大師が杖で掘ったといわれる
万病に効く「白水の井戸」だ
本堂へ向かう石段の横にある

で、この石段が結構急で厄除け男坂と呼ばれている
自分の年齢のところにお賽銭を置く人が多いです

本堂の天井絵も見ておきたいものの一つ

宿坊なし。Pあり(無料)
タグ:遍路

20番鶴林寺〜21番太龍寺

太龍寺へは歩き、車ともに那賀川沿いを南へ
「道の駅 鷲の里(わしのさと)」を目指して進む
ここでロープウェイに乗るのがいい

もちろん登っても行けないことはないが
西の高野とも呼ばれているとおり
ここには三つ目の「遍路ころがし」がある。

二つ目、三つ目の「遍路ころがし」が連続するので
体力に自身があれば挑戦してもいいと思う

私は車だ!(笑)

山の上のお寺だからというわけではないが
霊気(冷気?)がすごい。
きっとマイナスイオンもすごいだろう

近くの舎心ヶ岳には弘法大師の像がある
崖の端っこにあるが、お寺から歩いて行ける

鷲の里には宿もあるので、ここらで1泊するのもいい

宿坊なし、Pあり(無料)
タグ:遍路

19番立江寺〜20番鶴林寺

立江寺から県道28号線を西進、22号線との分岐から
22号線をさらに西へ行った後、16号線に入ると
20番札所鶴林寺につく

距離にして13km、4.5時間の道のりで
標高も550mあるので歩くとちょっと大変だ
阿波三大難所の二つ目の「遍路ころがし
登るならしっかり準備をしておこう

このお寺「お鶴さん」として親しまれている
なんでかな?と思って調べてみたら
弘法大師が修行中、2匹の鶴が舞い降りてきたそうだ

んで、実際に鶴の像が本堂の前にある
なかなか見事な鶴だった

春先には木蓮、夏はユリ、冬には山茶花が
見られるそうだ

宿坊なし、Pあり(有料)
タグ:遍路

18番恩山寺〜19番立江寺

恩山寺から県道136号線を南に1時間
19番札所立江寺があります。

ここは四国に4箇所ある関所寺で、
罪を改心した人しか通れないお寺とも言われています。

歩き遍路では、途中に四国最古の仏足石のある
釈迦庵や、悪行の末に天罰が下った「お京」
という女性を祀った?お京塚もあります。
(雰囲気的にはちょっと寂しい)

立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

実はこの立江寺…車で行ったときに場所が判らず
気がついたら20番札所鶴林寺についてしまいました。
道を聞いたら「一山違うよ」と言われ
戻ったことがあります。

ご本尊は延命地蔵菩薩

宿坊あり(要予約)、Pあり(300円)

6日目 17番井戸寺〜18番恩山寺

17番札所から18番恩山寺までは、およそ18km
5時間半の道のりです。

平地をとことこ歩きますが距離があるので
電車で南小松島駅まで行くのもありです。
徳島駅からは、お寺の前までバスも出ています。
歩くなら県道55号線を南下します。

このお寺には地蔵像があり、像の後ろにある
千体仏は圧巻です。

ご本尊は薬師如来

宿坊なし、Pあり(無料)

16番観音寺〜17番井戸寺

観音寺から看板を頼りに40分ほど歩くと
17番札所井戸寺に到着します。

山門は蜂須賀公の別邸から移築されたものとあって
他の霊場の門とは風情がまるで違います。

横長のどっしりとした朱塗りの門はお遍路さんを
暖かく迎えてくれます。

井戸寺の由来は濁った水に困り果てた村人のため
大師が杖で井戸を掘ったとされており、
その井戸は今も境内にあります。

期限を決めて願いをすると叶うともいわれており
井戸水を持って帰る人もたくさんいます。

ご本尊は七仏薬師如来

宿坊なし、Pあり(無料)

17番までの道のりは13番大日寺から約2時間
次の18番まではちょっと遠いので途中で
1泊するのがいいでしょう。

15番国分寺〜16番観音寺

国分寺から国道192号線を道なりに北へ30分
16番札所観音寺へ到着します。

門前町の中にあるこのお寺は気持ちをほっとさせる
雰囲気をかもし出しています。

ご本尊は千手観世音菩薩です。

また境内には夜泣き地蔵があり、子供の夜泣きを
鎮めてくれるとされています。

宿坊なし、Pあり(無料)

14番常楽寺〜15番国分寺

更に北へ15分歩くと15番札所国分寺に到着します。

国分寺は聖武天皇の勅旨で全国に66箇所に建立された
金光明四天王護国之寺の一つで、かつては七重の塔が
あったとされており、礎石が今も残っています。

ご本尊は薬師如来です。

宿坊なし、Pあり(無料)

5日目 13番大日寺〜14番常楽寺

大日寺を出て17番井戸寺までは
平地をさくさく行ける道のりです。

まずは、大日寺を出て北へ30分ほど歩くと
14番札所常楽寺へ到着します。

ここは八十八箇所で唯一、弥勒菩薩がご本尊です。

境内には流水岩と呼ばれる自然石がむき出しに
なっており、その流れるような美しさには心がなごみます。

4日目 12番焼山寺〜13番大日寺へ

焼山寺登山を終えて次は足慣らしで行きたい所ですが
13番札所大日寺へは21km6時間の道のり
車でも小1時間はかかります

焼山寺を出て国道438号線を北上、
途中目印の鬼篭野小学校から県道21号線に入り
道なりに行った所に大日寺があります。

大日寺のご本尊は十一面観世音菩薩
お顔が11個ある観音様です。

すぐ隣には一宮神社があるので一緒にお参りすると
いいでしょう。

宿坊あり(要予約)Pあり(無料)

焼山寺参拝 歩く

【歩いて行く】

やっぱり歩き遍路が一番!といっても
その道のりは、今までの平坦さとは違います。

なにせ標高830メートルの所にあり、
高低差1000メートルを歩きますので
しんどいです(汗)

まず道中ですが、登山道なので靴は
足首までかかるものがいいです。

また全くお店とかはないので食料と水
ある程度持って行った方がいいです。

あとトイレは1つです。

まず初め一気に尾根沿いまで登る道が
2時間ほど続き 長戸庵 につきます

さらにそこから2時間尾根道を行くと
番外霊場 柳水庵 に着きます(トイレあり)
ここには井戸もあるので水を補給しておくといいです。
(私は昼から登り、ここでテントを張りました)

そのあと急な登りが1時間半ほど続き…

ぜい…ぜい…

大師が植えたとされる一本杉の下の
一本杉庵(浄蓮庵)に着きます。

ここから下って林道まで出た後、再度登れば
1時間半ほどで12番札所焼山寺に到着です。

7時間の行程、ご苦労さまでした。

宿坊を予約しておくと、ゆっくり休めます。
タグ:登山
posted by てってけ at 08:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | バーチャル遍路1番〜12番

焼山寺参拝 バスで行く

【バスで行く】

あまりに険しい道のりのため
バスで行く方法があります。
バスで行っても険しいんですが(汗)

JR鴨島駅からJR徳島駅に戻る

JR徳島駅から寄井中行きのバスに乗り
終点まで行く(1時間半)

焼山寺行きバスに乗り換えて終点まで行く

焼山寺バス停からタクシーに乗るか
登り道を1時間半ほどあるくと焼山寺に到着

バスで行ってもトータルで4〜5時間はかかります。

焼山寺には宿坊(要予約)もあるので
予約しておくのが無難でしょう。
タグ:バス旅行
posted by てってけ at 08:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | バーチャル遍路1番〜12番

焼山寺参拝 車で行く

まずは…

どうやってお寺まで行くのか決める

車か?バスか?歩くのか?


【車で行く】

藤井寺から西にある県道242号線に乗り
道なりに西に走って県道43号線に入ります

あとは林道を1時間ほど登って行くと
山頂近くの焼山寺に到着します。

かなり急で狭い林道が続くので
安全運転はもちろん、タイヤや
バッテリーの点検、ガソリンの有無は
きちんと確認しておいた方がいいでしょう。

(駐車場あり/有料)
タグ:参拝
posted by てってけ at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | バーチャル遍路1番〜12番

3日目 11番藤井寺〜12番焼山寺へ

さあ明けて3日目
いよいよ12番札所 焼山寺である

なぜいよいよなのか?

実は「遍路ころがし」と呼ばれる四国遍路の
中でも最大の難所と言われているお寺がここだ!

地図を見てみよう↓

12ban.JPG


気が遠くなる(>_<)

藤井寺から13キロ、
登って下って、登って下って、また登る(汗)

登山である はっきり言って登山だ

7時間ほど歩くことになる。

登る前に準備をしよう!まずは…
タグ:登山
posted by てってけ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バーチャル遍路1番〜12番

10番切幡寺〜11番藤井寺

切幡寺を出て南へ約10キロ
四国三郎と呼ばれる吉野川を渡って
しばらく行くと11番札所 藤井寺に到着します

11ban.JPG


ここは、大師手ずから植えたといわれる藤棚があり
GW頃は藤の花が咲き乱れています。

歩きならば2日目の最後、
車なら1日目の最後の札所になります。

6番札所から大体歩いて7時間あまり
朝7時に出発すれば午後2時くらいにはつきます

残念ながら、藤井寺に宿坊はありません
県道30号線を2キロほど北へ行くと
JR鴨島駅があるので、この近くで宿を探します

また駅の近くには鴨の湯と呼ばれる
温泉もありますので、つかるのもいいでしょう

少し時間があるなら藤井寺の山道の散策コースに
ミニ四国八十八箇所とミニ西国三十三箇所も
あるので、散歩がてら歩いてみるのもいいです。

さて、次はいよいよ最初の難所 焼山寺です。
タグ:宿泊
posted by てってけ at 08:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | バーチャル遍路1番〜12番

9番法輪寺〜10番切幡寺へ

法輪寺を出て139号線を西へ約4キロ
10番札所 切幡寺へ到着します

10ban.JPG


道のりは平坦ですが、本堂までの
300段を超える急な石段はちょっと骨が折れます(汗)

その代わり眺めは最高で吉野川が一望できます

この10番切幡寺までで1番から約30キロ
10里10カ寺とも呼ばれています。

ここまではいわゆる足慣らし

次のお寺は吉野川を越えて少し歩きます。
タグ:四国旅行
posted by てってけ at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | バーチャル遍路1番〜12番
熊谷寺を出て南へ約40分
9番札所 法輪寺たどり着く

9ban.JPG


下りの道なので急がず慌てず
ゆるゆる行くのがいいでしょう

あとで、どんどんしんどくなりますから(笑)

ここのご本尊は涅槃釈迦如来ですが
俗に「寝釈迦」と呼ばれている
寝姿の釈迦如来は四国唯一です。

真言:のうまく さんまんだ ぼだなん ばく

ちなみに「法輪」とは仏教用語で「教義」のこと
同名の寺院は京都や奈良にもある。
タグ:旅行
posted by てってけ at 08:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | バーチャル遍路1番〜12番

7番十楽寺〜8番熊谷寺へ

十楽寺を出て県道139号線を西へ4キロ
約1時間ほどで8番札所 熊谷寺へ到着します。

8ban.JPG


ここは四国霊場最大の木造建築の山門があります。
ただ車で行くと見落としがちになりので
寺に入ったらまず南側に行きましょう。

また四国霊場最古の多宝塔もあるのでお見逃しなく

ご本尊:千住観世音菩薩
真言:おん ばさら たらま きりく
タグ:旅行
posted by てってけ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バーチャル遍路1番〜12番

2日目 6番安楽寺〜7番十楽寺

1泊したら2日目の出発だ

西へ歩いて15分のところに7番札所十楽寺がある

7ban.JPG


まるで竜宮城のような山門が迎えてくれます。

ここにも宿坊があります。
6番か7番で一区切りというのが一般的です。

ご本尊:阿弥陀如来
真言:おん あみりた ていぜい からうん

極楽浄土に往生すると十の光明の喜びを授けられます。
これを「十楽」といいお寺の名前の由来と言われています。

次は8番熊谷寺
タグ:旅行
posted by てってけ at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | バーチャル遍路1番〜12番

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。